トイレの電気スイッチがお馬鹿になりまして…。

2013年06月22日
我が家のトイレの電気のスイッチ


ON OFF の切り換えが馬鹿になりました。
押したら押したでそのまんま…。


嫁ちゃんマンに、管理会社に修理のお願いの電話をしてもらったら

修理を委託するので有料とのこと…。

はぁぁ?

まじでぇ?

じゃあオイラが直す!

ってことになりました。

修理の依頼したら出張費とかでいくら取られるかわかりませんからね!

まずカバーを外して構造と部品を理解しる。

何がどうダメなのか確認。

ホームセンターで買ってくる部品をチェック。

※ちなみにこのような電気関係の修理は電気工事士の資格が必要です。

2つの部品のどちらかが原因だと解釈しました。

いざホームセンターへ!

部品に記されていた製品番号をメモって行ったけど全く同じ製品番号の物はありません

( ̄0 ̄;このての部品たくさんあるなぁぁ



でもまぁ、ちゃんと見て、家の部品と同じ部品かを消去法で探せば見つかります。


原因と思われる2つの部品を買い(合わせて800円くらい)家路を急ぐ。

なぜ急ぐかって?

散歩に行きたがるチビを自転車に乗せて行ってて、雨がポツポツ降ってきたからです(><)

父ちゃんママチャリで猛ダッシュ(≧▽≦)


ネットで調べたらこのての修理は業者に頼むと出張費だけて3000円、プラス部品代(たぶん高め)です。


配線を外す前に対象箇所のブレーカーは必ずOFFにしましょうね。

配線は黒と赤の2つ。

逆に付けるようなひねくれたことはしませんよ~。

作業は簡単、取って付けるだけ。

ただし、配線抜き差しはマイナスドライバーで、ある部分を押しながらじゃないと抜き差しできません。


スイッチカバーのデザインが(お手洗いの方)若干違う感じになりましたが、無事直りました(^^)


これで思う存分ブリブリできます。
関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示