禁煙2ヶ月目(^^) 副作用というか離脱症状

2012年10月10日
8月7日に開始し2ヶ月以上が経ちました。

25年間タバコと共に生活してまいりましたが、こんなにすんなり禁煙できるとは思っておりませんでした。

1ヶ月目同様


味覚、嗅覚ともになんの変化もございません…。


ただ一つ気になるのが

たびたび眠くなる

ことですか。

突然眠くなります。

アクビが頻発して目がショボショボとかそういう眠気じゃなくて

なんだろ、頭の芯が眠いというか

目の奥が重いというか…

禁煙開始した頃からこの症状になってたと思います。


これは禁煙とは関係ないと思ってましたが調べると無関係ではないようです。



まず禁煙開始後の気になる症状1位は眠気なのだそうです。

ニコチンは脳を覚醒・興奮・抑制させます。

ぱかぱかタバコを吸う人は常に脳を覚醒してしまうため、不眠の人が多いとのことです。

寝る前に吸うと寝つきが悪くなるし、寝つけないときにタバコに手を伸ばすと更に眠れないってことです。

ニコチンで覚醒していることに長年慣らされていた脳は

いきなり禁煙することによって覚醒物質不足になるってのが突然の眠気の正体になります。

自律神経がうまく機能せず、『闘争の交感神経』と『休息の副交感神経』の切り換えがちゃんと出来てない状態です。

本来、脳は自分で興奮・覚醒・抑制するアセチルコリンを作れます。

しかし覚醒・興奮を長年ニコチン任せにしてたので、脳はアセチルコリンを作るのをサボってきました。

禁煙開始10日前後で脳が自力で覚醒物質アセチルコリンを作るようになってくれるので、段々と眠気が治まってくるそうです。

禁煙を始めて最初の2~3日が眠気ピークという人が多いらしいです。

極端な場合、普通に会話している途中でも気絶するようにガクンと眠ってしまうケースもあります。

調べないと病気かな、と不安になるでしょう。

わたしも度々「眠い!急に眠い!」ってよく言ってたので嫁ちゃんマンが心配してました。



この脳のリハビリには一般的におよそ3カ月かかるとされています。

リハビリ完了後は睡眠の質が良くなるそうです。

3ヶ月以上経っても眠気が治らない人もいるらしいですが、その場合は自律神経がどうかしちゃってるので病院行きましょう。

今回調べてみて、禁煙外来とかでニコチンパッチやガムを使った「ニコチン低減法」が取られてる意味が分かった。

急にヤメルと何かしら弊害出ちゃうんだねぇ


眠気対策にはカフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶等々)ですがカフェインは摂取後30分で効き目が出るらしいです。


以上、長くなりました(^^;
関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示