サッカーチームFC北砂に入会して約8ヶ月経ったチビ5才。

2017年03月13日

FC北砂(江東区)にお世話になって約8ヶ月くらいたったでしょうか。

入会した時は4才。

※身体が小さい子供は当たり負けしちゃうので、4才では入会できない場合があるようです。

 

甘えん坊でお子ちゃまなウチのチビをコーチやママさん、パパさんは温かくサポートして下さってます。

FC北砂の小学一年生とキンダー(4才、5才)の活動場所は、メインが扇橋小学校です。

ときどき四砂小学校で活動してます。

入会したキッカケは、勿論家の近くであること。

あとは雰囲気や居心地や練習内容、コーチの人柄です。

※やっと親しくなってきたコーチが今年4月から変わるので寂しい(>_<)

 

FC北砂はボランティアで成り立っているチームなので、月謝が1500円と安いです。

その代わり、荷物持ち帰り当番とかを協力しあっています。

 

なんか紹介っぽくなってるのでついでに言うと(^^)

体験入会は現在、三回まで可能だそうです。

うちが体験させて頂いた時は子供がやりたいと言うまで何回でも来て良いよ、と言われたので三回以上体験しちゃってました。

 

入会方法はホームページ等のネットで出来ますが、事務局があるわけではないようので直ぐには回答が来ないかもしれません。

ウチが入会を考えてる頃に見たホームページは情報の更新がされてなかったのですが、実際は各学年活動はバッチリやってます。

 

思い立ったたのが金曜や土曜日だったら、だいたい毎週日曜日の9時から昼前位まで扇橋小学校でやってるので見学しに来たら良いと思います。

※扇橋小学校で練習しているのは一年生と年中年長です。

なんかめっちゃ宣伝ぽくなってるな…

勝手な広報活動になるといけないので誘導リンクとか貼りまへん(^^;)

 

 

さてさて

入会8ヶ月が経ち、昨日、初の大会デビューをしました。

FC北砂のキンダー(年中年長)は人数が少ないので3試合フル出場です。

楽しみにしていたオイラは体調不良で行けずにビデオ観戦です(^^;)

 

ウチのチビは残念ながら攻守ともに活躍できてませんでした…

親バカなオイラの目からしても、褒められるところはありません(^^;)

 

まず、ボールを触りに行こうとしてない参加してないタイプです(>_<)

たまに足元にボールがきても、焦ってポイッと闇雲に蹴ってしまう。

あれだけチーム練習や公園で練習したドリブルも、まったくできません。

あとに入ってきた子の方がバリバリ活躍してます。

見てる方はイラつき、つい強い言葉を発してしまいます。

 

同じ年の子を持つ親のネットの書き込みを見ても、同じ悩みをもつ親は多いようです。

 

棒立ち、よそ見、やる気が見えない

 

いつもの練習とは違い、大会では試合しかやらないんだから、3試合あれば、ちょっとは見せ場があるんじゃないかと期待してましたが、残念ながら「あの時良かったね」と言えるシーンは無く…

 

向いてないんじゃないか

 

大会の夜に嫁とそんな話をしました。

団体競技をやらせて協調性を身に付けて欲しい。

と思い始めたサッカーでしたが、この年で向いてない、興味がないことをやらせてもあまり意味がないように思えました。

他にも習い事はあるし…

チビに言いました。辞めてもいいぞ、と。

そしたら「サッカーやりとい」と言う。

「いつもボール捌きやドリブル、シュートの練習をしているのに、いざとなったらまったくやらないんじゃ意味ないよ、辞めたら?」

半泣き顔で

「辞めたくない」とチビは言う。

そのやりとりはそれで終わり、じゃあこれから頑張ろうという会話にはならなかった。

チビが寝てから、オヤジ考える…

グビグビ酒を飲みながら考える…

確かにチビは練習試合でも褒められるような仕事をしない。

しかしドリブルやシュート練習は同じ年の他の子と変わらないレベルで出来ているはず。

 

そして何より

チビは8ヶ月間、一度もサッカーに行きたくないなんて言ったことがない。

 

そうだ(T_T)

本番で上手く出来なかったからって、親がすぐ諦めてはいかん。

飲みながらネットで「5才 サッカー 集中力 やる気」のキーワードで出てくる記事をいくつか読むも、だいたいどれも

 

褒める 褒める 褒めちぎる

 

勿論、上手に出来た時は褒めてます。

時間があれば公園で一緒に練習もしてます。公園でやってるときは褒めちぎっています。

 

他にしてあげられることはないか。

 

同じチームの1年生の上手な子は、サッカーゲームでルールを覚えたとか言ってたな…

よし買おう。

即、wiiの中古ソフトをポチる。

おそらくチビは他の子よりも、攻守の切り替えが理解できていないのかもしれない。ゲームはあってもいいだろう。

そしてあとは親がチビに求めている事を変更しないとあかん。

チビに期待していること。

 

試合でドリブルやシュートをしている姿を見たい

 

この期待が、チビの重責となっている可能性がある。

いつも口を酸っぱくして言ってるからだ。

これからはドリブルやシュートを頑張らせるより、守りに徹した指示をする方がチビにとって単純明快で向いてるのではないか。

 

相手が攻めて来たらボールを奪って味方にパス!

 

練習は今まで通りやる。

練習試合の時に、棒立ち状態になった時は単純な役割を持たせる。

ディフェンスに徹すること。

 

守るのだ!

 

 

サッカー経験が無い親父の安直な考えだが、出来ないことをやらせるよりも変化を与えた方がいいと思うし、今後褒めるポイントも変わってくる。

その方向で暫くやってみようと思う。

関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示