子供のサッカーで体を痛める父

2016年12月11日

サッカークラブに入会してもうどの位が経ちましたか…

我が息子の集中力の無さに、毎度悩まされております。

集中力が続かないのは

上手にできないから

なんで上手に出来ないのか

周りの子が上手なのでボールを触れない

なんで周りの子より下手なのか

周りの子はひとつ年上だから…

じゃあしょうがないとはなりません。

やる気があるなら、がっついてもっとボールに執着せぇ!

見本となるようにお父ちゃんも参加する。

5、6才達と戯れる。

サッカーシューズではなく、運動靴での参加なので

機敏な動きをすると、校庭では滑るのです。

攻められて、守るときに滑って転び、子供の頭に前歯をぶつけたと同時に、右ひざをガッツリ擦りむきます。

まさか、子供とのサッカーで大人がね

痛いので外れます、なんて言えません。

痛いけどね!

この年で転ぶという行為はね、色んな所に負荷がかかります。

今は首も痛い(^^;)

あとでズボンめくって見たらひざズルムケ(>_<)

そしてもって

またまた…

守りに徹していたお父ちゃん。

バックステップみたいな動作をしたときに

左足首を

グキッと

やってしまうのです。

しかし、これはね

子供相手に手加減をしての無理な動きが

原因なのですよ!

力任せにボールを奪ってはいけない

押したらいけない

子供相手だと気を使いますからね!

そんな言い訳をさせていただかないと

気が済まないお年頃…

とにかく

右ひざ&左足首、首、前歯が、やられてます。

湿布貼ってます(>_<)

お疲れ様です。

関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示