【映画】X-men 最新作の アポカリプス がもはやミュータントでもなんでもない

2016年05月21日

X-men アポカリプス

まだ見てません。

劇場では見ないと思うけど、いつか見ます。

今までのシリーズは一応全て見てますので。

シリーズの中でオイラ個人的に一番好きなのは

一番最初に公開されたやつ。

映画の重要な核である設定、ミュータント(突然変異)達のお話しなんです。

ミュータント達は産まれながらにして特殊能力を持っています。

人間側に味方するミュータント達と、人間を嫌うミュータント達に別れます。両者が衝突することによって毎回の物語が成り立ちます。

遺伝子の突然変異によって特殊能力を持って産まれる。

ある者は怪我をしてもすぐに治ってしまう。

ある者は凄く速く動ける。

ある者は超高い声が出せる。

ある者は触るだけで生命力を奪ってしまう。

ある者は全身の皮膚を硬質化させることができる。

ある者は自由自在に天気を操ることができる。

ある者は手を触れずに物体を動かすことができる。

ある者は精神のみをタイムスリップさせることができる。

ある者は触った物を爆発物に変えることができる。

ちょっと待て…

天気のとこからちょっと待て…

天気以降のその能力は遺伝子的な突然変異で何とかなるものなのか?

人間の遺伝子に何が起こると天気が操れちゃうんだ?

特殊能力とういより超能力?いや、神の成せる業ですね。

怪我が早く治せたり、速く動けたりとか自らの身体的なことなら分かる。しかし天気操ったり、物体を操ったりは、なんか違う。

そして最新作のキャッチコペー

最後の敵は、神

この神級のミュータントが敵ってことです。もう何でもアリのミュータントらしいっす。

完全に超能力バトル映画になってるだろうから、なんか興味が浅くなってしまう。

拳からナイフを出せる能力なんかもはや、どうでもいい感じなんだろね。

派手にドカンドカンして戦うアクション映画なんだろな。最近多いね。シビルウォーとかアベンジャーズとか。

見たら見たで楽しんで見れるんだろうけどね。

関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示