圧力鍋デビュー

2015年12月01日
今まで恐れをなして使うに至らなかった

圧力鍋

皆々様からの励ましのご声援により

とうとう買いました!

時短できることや、肉が柔らかくなるってのが魅力的でずっと気にはなっていたのです。

しかし、あのプシューーッてなるのが怖かったのです。

おいら絶対に、やらかす…。

蓋が吹っ飛んだり火傷したり…。

何かしらやらかすと思ってたのです。

でも使っている人達の意見を聞き

なんとか購入への第一歩を踏み切りました。

とりあえず安いやつを買いました。

久々に買い物でワクワクしました。

説明書にたくさん写真付きでレシピが載ってので早速その中から「ぶり大根」を作ってみました。

やはり蓋を開ける時は腰が引けてました。

圧力が怖いっすね。


出来立ての ぶり大根



真上から撮ったら湯気で曇るの当たり前…。


大根柔らか~い!

でも味薄!


そして次に説明書のレシピにあった
「豚の角煮」を作った。写真は撮り忘れた。

肉柔らか~い!

でも味薄!!

このレシピ基本的に味が薄いみたい。

念のため他のレシピを確認してみたが、明らかに水の分量が多い。

次回からクックパドを見よう。





関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示