オイラが怪しむ尿酸値とテニス肘の関連性

2015年08月14日
こんにちわ!

尿酸値高男です。

高いといっても7.1です。


しかし7を越えると関節などに結晶を作っちまうらしいです。


よく聞くのが足の親指付け根です。


陣痛より痛いと言ってるレビューも見かけました。

怖いなぁ


調べると、尿酸値が高いと、急性関節炎になる可能性が高いそうです。

これってオイラを悩ますテニス肘の原因でもあるのではないか…。


整形外科で診てもらった時は血液検査なんてしてないし、2、3ヵ月で治るからほっといていいみたいな感じで終わった。

もう2、3ヶ月過ぎてるし…。


ということは尿酸値を下げればテニス肘は治るのではないか…。


と考えてる次第です。


尿酸値と関節炎の関連性を疑うのは、医師として難しいことなのか?!

整形外科って、関節炎には湿布だけ与えてればいいのか?

なんか整形外科のお決まり診断「湿布と安静」がいい加減に思えてきた。


急性の関節炎の原因には尿酸値が関係している可能性が高い!


りぴーとあふたみー

はい!




今日はこれまで。
関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示