最近の毎朝の日課は『JIN 仁』を見る

2015年05月14日
戦国ブームに陥ったオイラを最近なだめてくれてるテレビドラマが『JIN 仁 完結編』

戦国ではなく幕末


しかも医療ドラマ

かけ離れていってるぞオイ(^^;


南方しぇんしぇい!ってやつね。


しかしど~もタイムトラベル物は、物語よりもタイムパラドックス(矛盾)の方に考えがいってしまう。

南方しぇんしぇいが歴史を変えてしまうようなことをすると歴史の修正力が働いてしまう。じゃあなぜ南方しぇんしぇいは過去にタイムスリップしたのだろう。

っていうかペニシリンで歴史は大きく変わってしまうだろうに、その際は歴史の修正力は起きないとか、なんなのもう。


このドラマを見た人は、南方しぇんしぇいがなぜ過去にタイムスリップしたのか理解したのだろうか。


神は南方をなぜあの時代に送ったのか。

ドラマを見てると、咲と野風さんの為だけって感じがする。

物語の冒頭で、恋人の手術に失敗して後悔し、失敗するのか分かってたら手術やらなかった的な考えをした南方。

手術をする前に戻りたい→タイムスリップ


ということはだ!


アメコミ風に考えると!

南方しぇんしぇいは、タイムトラベラーなのだ。

うまく能力を使いこなせないだけで、超能力なんだね!X-MEN!

神とか誰かの意思ではなく、南方しぇんしぇいが勝手にタイムトラベルしてただけなんだ。

ってことにしとく。

漫画の終わり方もドラマと同じなのかな、機会があったら見てみよう。

そういえば、たまたま職場のBGMが閉店間際になるとこのドラマのテーマソングが流れるんだよねぇ

流れると頭の中で綾瀬はるかの「南方しぇんしぇい!!」って声がループする(^^;





関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示