齢43にして戦国時代に興味を持つ

2015年04月10日
今まで歴史にあまり興味無かったです。

思い起こせば小学生の頃から興味無かったです。

日本の歴史より、三国志の漫画やレッドクリフの映画で中国の歴史の方がどちらかというと記憶にあるかも。

でも有名な人の名前くらいは知ってますよ!織田信長とか豊臣秀吉とか徳川家康とか志茂田景樹とかね!

でもその人たちの史実には興味が無かったんです。


名前がまず覚えられないでしょ。

戦国時代なんか特に。

あの時代はさ、親の名前の一文字とか尊敬する人の一文字を取って名付けてるから、名前が似てるんだよね!

あとさ、名前がコロコロ変わるっしょ。

例えば、豊臣秀吉は元は、羽柴秀吉という名前でその前は木下藤吉郎とかね。

歴史に名を残す人たちってなんかあると名前を変えちゃうってのも、歴史が頭に入りにくい要因でもある。


はい、では何故にオイラが最近、戦国時代にハマっているかなんですが

これはですね、テレビドラマです。


去年かな、軍師 官兵衛という大河ドラマが1年間に渡り放送されていたのを録り貯めしていまして、最近毎日観ていたのです。

50話くらいあったので朝、出勤する前の日課になってました。


官兵衛とは、秀吉の軍師(作戦たてる人)で、官兵衛がいたからこそ、秀吉は天下をとれたと言われています。

その黒田官兵衛なる人物は、そういう重要人物がいたという程度には知っていました。

織田信長が成せ得なかった天下統一を、豊臣秀吉が成し遂げ、それは黒田官兵衛のお陰だったと。

でもその脇役を題材にした作品を目にすることは無かったです。

それが大河ドラマでやるってことだったので毎週自動録画にしてたんですけども、所詮歴史に興味無し男ですから中々観ることがなかったんですねぇ。

1話観て面白くなかったら全部消してしまおうと思って1話を見たのです。

そしたら3話くらい観ないと分からないかなってなって、どっぷりハマるパターンてした。


先日、やっと軍師 官兵衛を全て見終わって、すっかり戦国中毒になってしまったオイラは、ネットで戦国時代の頃を調べるようになりました。

姫路城に行ってみたいなぁ、なんて思ったり。

偶然、嫁ちゃんが、小栗旬主演の「信長協奏曲」というドラマを最初から最後まで録画していたので、それを早速見ちゃいました。一気に見ちゃいました。

お父様に録画を頼まれていたらしいです。

でかしたお父ちゃま!

お陰で戦国中毒がなんとかなりました。


でもそれを見終わってしまったいま、どうしようかと考えております。

TSUTAYAで過去の大河ドラマを借りまくろうか、戦国漫画に手を出そうか

悩んでおります。




関連記事

スポンサーリンク

Comment

管理者のみに表示