【映画】ラスト・スペースシップ B級SFを見た

2017年09月28日

WOWOWの映画はハズレが多いので、最近は予約録画をする際に、Yahoo!映画でタイトル検索をして評価を見る。

☆3以上なら予約する、という感じにしている。

見たことを後悔し、時間返せ~!的な映画をYahoo!映画でチェックすると☆1だったりするので結構参考になる。

今回見た【ラスト・スペースシップ】はなんとYahoo!映画になかったのだ。

なので映画説明で判断して予約してみた。

西暦2065年。アメリカと中国の間で核戦争が勃発し、地球は壊滅した。人類が移住可能な惑星を求めて、宇宙船ペガサス号は探査の旅に出た。7年後。ペガサスは水と酸素が存在すると思われる、ある惑星に接近する。だがそこで彼らが発見したのは、宇宙空間を漂流する敵陣営の中国の宇宙船だった。船内に乗組員の姿はなく、取り残されていたのは1人の少年だけ。目的地を目の前にして、何が起きたのか?その惑星は、人類の新天地となり得るのか?そして、その惑星で彼らが見た物とは……

とまぁ、説明だけ見ると面白そう。

 

そして見てみたらまぁ☆2かな。

展開がダルいので倍速で見る箇所もありあり。

 

ラストに期待してたから我慢して見てたんだけど、クソ面白くないってほどでもない。

しかしほぼ宇宙船内でのシーンが多いので飽きるっちゃ飽きる。

 

結局、中国の宇宙船とドッキングしたことにより、事故や侵入者により乗務員が死亡し減っていく。生存者の中には男の子もいた。

 

人が住める可能性がある惑星が近くに2つある。

 

先に中国船が来て探査機を送っている。その探査機の到着を待てば行く惑星を1つに絞れる。

もう酸素が持たない段階にきてるので探査機を待ってられず、一か八かで1つの惑星を選び着陸。

 

大気もあり期待が出来たが、酸素内容的にヘルメットを外したら2分で死んじゃう感じ。300万年前の地球といった感じだそうだ。

残念!ってことでそこから離脱するが、もう機体はもう一つの惑星にトライできる状態ではない。

子供2人(内1人は中国人)を脱出ポットに入れ、そのもう一つの惑星に向かわせる。

残った乗員は、他のスペースシップに向けて発信機を飛ばす。そして機体は動力を全て使いきってしまう。

 

さて、脱出ポットの子供たちが不時着した惑星は、なんと地球そっくりで緑が生い茂っております。

どんな動物がいるのか見てみたかった。

宇宙船内のシーンをダラダラやるくらいなら、そういったシーンを作って欲しかった…

 

その惑星にはすでに中国人がいました。

同じく脱出ポットでやってきたんですね。

見た感じでは1人でした。中国船で何があったんでしょうね。子供残して来るとは。

 

どうやって生活していくのは想像するしかない。

中国子供と中国大人が抱きついて、アメリカ人の女の子が空を見上げるシーンで終わり。

女の子は産まれたときから宇宙船での生活でした。初めて見る自然ってことですね。

 

この映画の物語の発端は中国とアメリカによる核戦争により地球が住めない環境になってしまったってことなんだけど、奇しくも新しい惑星ではアメリカ人と中国人で生活をしていくことになる。アダムとイブみたいな感じだね。

しかし、子供2人と大人1人でやってけるんだろうか。コップもないし、ナイフもないし何にもないのに。中国人の大人が仕切るようになるだろうから、女の子が中国語を覚えさせられるんだろう。そして10代で子供をポコポコ産まされるんだろう…

アメリカを恨んでいる中国人なら、女の子を奴隷のように扱うかもしれない。

 

無事、発信機が他のスペースシップに届いて、この惑星に来れたとしても何年もあとのことだ。この人達も7年かけてやってきた。

 

7年前に核戦争後に各国が打ち上げた多くの宇宙船達は、機体の不具合や損傷を抱えてるはず。

この惑星にやってこれるかどうかは確率が超低いでしょう。

とまぁ、映画のその後の想像をかき立てられる作品でした。

ちゃんちゃん!

スポンサーリンク

【映画】AWAKEN(A Perfect vacation) ベニー・ユキーデが出ててビックリ!

2017年09月08日

邦題 アウェイクン 監禁島

2015年アメリカ

邦題からしてB級の匂いがプンプンします。

 

退屈だったら見るの中断しようと思って見た。

目覚めたら無人島でそこには同じように理由が分からず連れてこられた男女が数名いてます。

その中になんとエドワード・ファーロングがいてビックリ。

ターミネーター2の小役の人ね。すっかりデブオヤジになっとりました。

主人公の女性は格闘技が出来るんだけど、稽古の回想シーンに出てきた父親がなんと、ベニー・ユキーデ。

ジャッキーチェンの映画で一番好きな『スパルタンX』のメッチャ強い敵役だった人。

すっかりハゲシジイになってて思わず「この、ハゲー!」と叫ぶ…

 

そして主人公の女性ナタリー・バーンて人。

めちゃくちゃアントニオ・バンデラスに似てるから、てっきり娘かと思って見てて、見終わった後にネットで調べてみたら娘じゃなかったんだけど、なんと過去にアントニオ・バンデラスと不倫疑惑があったという情報があった(笑)

 

そっくりなんだから親子にしか見られないのにw

 

映画については大したことないB級アクションなんだけど、色々ビックリした映画でした。

 

共に闘って死んでしまった人に主人公が敬礼した時は

「嘘でしょ」と声を漏らしてしまったwクサすぎてw

懐かしい俳優さんと、中途半端なアクション映画が見たいなぁ

と思ったらオススメです。

スポンサーリンク

【映画】青空エール  泣いちゃった(>.<)

2017年08月24日

青春モノです。

とてーも清純な青春モノです。

 

おっちゃん何カ所かで泣いちゃいました。

 

野球少年と吹奏楽少女の純愛ストーリーなんだけど、ハッキリ言ってクサいんだけど、それがまた心が洗われるとは言わないけど、とても感動したのです。

 

オイラには絶対有り得ない高校時代生活だ。

 

こういうのって一度見たら展開と結末分かっちゃうから二度は見れないと思うけど、面白かったっす。

スポンサーリンク

【映画】インデペンデンス・デイ リサージェンス

2017年04月27日

インデペンデンス・デイの続編でござんす。

あれから20年…

 

宇宙人の技術を手に入れた地球人は、次の侵略に備えて防衛を強化していました。

 

しかし今回の宇宙人はもっと強大で強力なのでした。

 

でも勝ちました。

 

前回の宇宙人がSOS信号を発してたらしく、それに応えてやってきた別種族の宇宙人らしいですが、デカいだけや…

 

宇宙人に侵略されるのが大好きなアメリカ人。

 

前回とあんまり変わりませんでした。

なので消去です!

スポンサーリンク

【映画】2001年宇宙の旅 面白くないけど凄いな

2017年04月11日

スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』を初めてちゃんと見た。

 

子供の頃に、テレビで放映されたときは、退屈で見れなかった。

 

ハッキリ言って今見ても退屈だ。早回し箇所多数だ。

 

1968年の作品として、宇宙の映像や宇宙船の構造、オイラが生まれる前の作品として見てみて、想像力と先見性が凄いと思った。

 

後半は抽象的というか、なんだかワザと意味不明な作りにして

そのまま終わってしまうんだから、こまったもんだ。

 

原作を読んでるとまた違うのだろうけど…

見た人の想像力にお任せな感じなのだ。

 

しかし間違いなく多くの映画関係者に影響を与えたSF映画であり

 

名作中の名作であろう。

 

1968年の作品だから凄いのだ。

 

しかしオイラは、あえて言おう。

 

とても、気取った映画だと。

 

 

 

スポンサーリンク

 | HOME | Next »