兄ちゃん(小1)の運動会

2018年06月07日

小学生初の運動会。最近は秋ではなく5月6月にやるらしい。

さて、うちの息子はオイラに似て逃げ足が早いらしい。

 

リレーの選手に選ばれたので、毎朝トレーニングを付き合ってました。ストップウォッチも買って毎朝タイムを計り運動会に挑んだのです。

 

早く走るコツなんかも伝授して我が子ながら、速くなったなぁ…と感心しちゃったりしてました。

 

オイラも小中高とリレーの選手をよくやってたのでコーチングに力が入ります。

 

運動会当日、リレーの時はドキドキしましたね。

 

第一走者は同じサッカーチームの三年生

第二走者がムスコッチ

 

いざスタートしてみると断トツで速くムスコッチにバトンパス。 

 

そしてバトン落ちる…

 

落ちたバトンを拾う時にはビリ…

 

そのまま第三、第四走者もビリ…

 

バトンパスのミスでビリになってしまった。 

はたから見るとバトンを受け取る側のせいになってしまう。

 

ヤジもあった…。

 

しかし、ビデオを見るとムスコッチのせい100%とは思えない。

 

ムスコッチはバトンを握った直後に前を向いて走ろうとしてる。

しかしワッカタイプのバトンは渡す側の手に引っかかってる。

 

そしてバトンは無情にも落ちて、次々にくる走者の足元に転がり拾うのに時間がかかる。

 

タラレバの話になってしまうが、バトンがまっすぐのタイプだったら落ちてないだろう。

落ちてなければぶっちぎりの一番になってたはずだ。

 

しかし他のチームで落としてる子はいなかったので、まぁ、致し方ない子供リレーのあるあるトラブルですね。

 

オイラは本人より落ち込んでしまいました。

 

一緒にトレーニングをし、晴れ舞台での我が子の活躍を期待してたので残念でなりせんが

しかし今回ムスコッチと一緒に一位になる為に頑張った時間を共有できたことが良かったです。

 

ちなみに、かけっこではぶっちぎりの一位でした!!

 

 

 

スポンサーリンク

兄ちゃん相撲大会にでる

2018年05月14日

兄ちゃんが【わんぱく相撲大会】に出場しました。

1vs1の対決なんてやったことがない。

サッカーのPKくらいか。

 

初戦は見てるこっちも緊張しました。

 

体格に恵まれてるので3勝まではすんなり。

 

4戦目で負けてしまった。ここまで勝ち上がってくる子は運動神経も体格もいい。

 

兄ちゃんの敗因は、同じくらいの力量の子とやって長引き根気負けって感じです。

 

後半、集中力が途切れてよそ見したりしてた。

 

相手は一生懸命なのでそりゃ負けます。

 

悔しがるなら途中で諦めずに集中すりゃいいのに。

 

ってなことを言ったら兄ちゃんが

「僕は何をやっても勝てないんだ」と言い出したから焦った。

 

いつもはプラス思考でお調子者なのに、珍しく落ち込んでる。

 

なので謝った。

「お父さんがもっと一緒に練習すれば良かったね。ごめんね」

 

当日の朝を含めて二回ほどしか練習してなかったからね。

 

相撲やろうと何度か言ってきたのを、何か理由つけてやってあげなかったんだよね。

 

悪いことをしたと反省(T_T)

スポンサーリンク

【我が家の自転車教育】兄ちゃんの時の経験からチビ子にはストライダー

2018年05月04日

我が家の自転車教育について…

 

我が家のママチャリは前後に子供が乗れるようにしてあります。がしかし、兄ちゃんの成長が早く4才の頃には体重制限突破。

 

1人で自転車に乗ってもらわないかなくなったので、自転車デビューは早かったです。

 

兄ちゃん(4才)の時は、広場で自転車の後ろを押さえつつ

 

「離すよ~」

 

グラグラどてん!

 

を繰り返し、ダメだこりゃ(^^;)

 

ってことで、自転車のペダルを外し、暫くストライダーみたいにして乗せてました。

 

その方がバランス感覚的に育つのが早かったです。

 

絶対に早いです。

 

脚力とバランス感覚を育てるには、三輪にするよりペダル無しにしてヨチヨチさせる方が圧倒的に早いです。

 

三輪にしちゃうと補助輪に頼ってばかりでバランス感覚が育ちません。 

後ろに補助バーを付けて親が支えてやっても、結局それなしじゃ走れません。

ペダルを外した自転車でスイ~、スイ~っと走れるようになればOK。ペダル復活してその日に乗れるようになりました。

現在6才、2台目の結構デカいギア付き自転車に乗ってます。

6才の友達ではまだママチャリの後ろに乗ってる子も多いです。

6才だと後ろに乗せられる身体のサイズが普通なんでしょうね。

 

兄ちゃんがそんな感じだったので、下の子の時はストライダー買っちまおうと決めてました。 

 

ストライダーなら知名度高いから、使わなくなったら売れるし。

 

ストライダーに似た商品はたくさん出てます。

 

ブレーキが付いてるタイプでストライダーの半額位の物もあります。

 

へんしんバイクというまずはペダル無しで後でペダルを付けられるタイプもあります。

 

我が家の教訓では、三輪(補助輪)の期間はいりません。

 

なのでチビ子に試乗させてみて乗りやすい物を選びました。

 

色々出回ってる同じ12inchで乗りやすい物。

 

それがやはりストライダー。

 

ストライダーで慣れちゃえば補助輪無し自転車への移行は容易いてじょう。

 

そのはずです。

 

楽しそうにヨチヨチ乗ってるので、早い段階でバランス感覚が身に付くと思います。

二日目にはスイスイ乗ってました。兄ちゃんより運動神経いいかも?

 

自転車に移行できたらストライダーはヤフオクです(^^)v

 

 

スポンサーリンク

ママからトタンへ

2018年04月28日

最近急におしゃべりになってきたチビ子2歳。

 

ママと呼ばれてた私はいつの間にかトタンと呼ばれるようになってます。お父さん→おとうたん→トタンってことでしょう。

 

その他二語文を話すようになってきてます。

 

「ママ」「どこ?」

 

などです。

 

女の子なのでおしゃべりになるのかな。

 

 

チビ兄ちゃんがおしゃべりで、ずっと何かしゃべってるタイプなです。時々「さんまか!!」と突っ込むくらいおしゃべり。

似たらチビ子もおしゃべりになるんかな(^^;)

 

スポンサーリンク

絵に装飾を施すことを覚えた

2018年04月23日

酒飲んでラリってる感じなのかな(>.<)

 

お父さん何か書いてと言われ

 

よし、じゃあ2Bの鉛筆持ってこい!

と言って1時間かけてケンシロウを描く。

 

ケンシロウ描いたの何十年振りだろう…

ちなみにチビ兄はゲームで北斗の拳を知ってるので、すぐケンシロウだ!と分かってくれた。

 

せっかくなんでトイレに飾ってます。

スポンサーリンク

 | HOME | Next »